2018.12.20

横山ルリカは有馬記念で号泣必至。
あの馬を「本命にせざるを得ない」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai keijiro

 対抗はレイデオロ。初めて馬券を買う人にはレイデオロをオススメします。この馬は素直に強いと思いますし、今回はジャパンCを回避して万全の状態で出てくるはずですし、オールカマーから天皇賞の走りは素晴らしく、騎乗するルメール騎手の今年の成績がまさに「ハンパない」(笑)。不安要素が全く見当たりません。

 今年はしっかり休んだ馬が結果を出していて、今までの”王道ローテ”が変わってきてるという印象が強く、そういう意味でも「狙って獲りにきてるな」と思います。これだけ強いレイデオロのことを、穴党の方はどう考えているのか知りたいです。

 ▲以下は、枠順次第になると思います。有馬記念はやはり内枠じゃないと重い印はつけづらいんですが、▲候補としてはキセキ、シュヴァルグラン、モズカッチャンが挙がります。

 カギとなるのはキセキで、どれくらい力を発揮できる状態なのか、どんなペースを作るのか興味深いです。この秋3戦と同じような”キセキらしい”レースをされたら、レイデオロと2頭で決まると思います。

 シュヴァルグランはボウマン騎手で馬券圏内を外したことがなく、有馬記念ではリピーターは注意しないといけないので、4着に入ったジャパンCの消耗度は気になりつつも、外せないですね。

 穴では牝馬のモズカッチャンです。内枠入ったらとにかく要注意です。今年は未勝利ですが香港の国際競走で、リスグラシューやディアドラなど同世代の牝馬たちがレベルの高いパフォーマンスを発揮しているので、その比較からも無視できません。昨年は、やはり牝馬のクイーンズリングが有馬記念で内枠から2着で穴を開けましたし、2500mという距離は気になりますが、非根幹距離(400mでは割り切れない距離)は相性がよさそうな気がします。前走はエリザベス女王杯なので、他の馬よりも疲れていない分、上積みも期待できます。

 あとは……”ミッキー”の2頭もあなどれません。ミッキースワローは”中山巧者”で、5着だったジャパンCでは上がり1位。JCを回避したミッキーロケットは消耗戦に強いタイプなので、(ハードなレースになった)宝塚記念のような形になれば、チャンスが出てきそうかなと。クリンチャーも中山のような力が要る馬場が得意ですし、ブラストワンピースも3歳だし……ってキリがないですね(笑)。

 買い目は、ダイヤモンドの”がんばれ馬券”と、レイデオロとの2頭軸での三連複、三連単です。当日は阪神競馬場で中継のお仕事なので、画面から見守りたいと思います。どんな結果でも号泣しちゃいそうですが(笑)。