2018.11.29

ダートGⅠのチャンピオンズCは、名種牡馬の血を引く2頭に頼るべし

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Kyodo News

 ダートでも、GIフェブラリーS(東京・ダート1600m)、GI東京大賞典(大井・ダート2000m)、ジャパンダートダービーを勝ったサクセスブロッケンを輩出。シンボリクリスエスにとってルヴァンスレーヴは、サクセスブロッケン以来となる久々の”ダートの大物”だ。さらに今年、シンボリクリスエスは「母の父」としてもGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を勝ったレイデオロ(父キングカメハメハ)、GI有馬記念(中山・芝2500m)に出走するオジュウチョウサン(父ステイゴールド)を出しており、今年注目の種牡馬と言える。

 ルヴァンスレーヴの牝系には、近親に大物こそいないが、母マエストラーレはダート1800mで4勝した馬で、4代母ダイナフェアリーはGIIIオールカマー(中山・芝2200m)などを勝った活躍馬。また、母系にはネオユニヴァース、ティンバーカントリー、リアルシャダイ、ノーザンテーストと、底力、パワー、スタミナに溢れる血が並んでいる。まだキャリア7戦の3歳だけに、今後はさらに力を付けていくだろう。

 今回はJBCクラシックを勝った5歳馬ケイティブレイブも参戦してくるが、同馬も破れば、”現役ダート最強馬”の座はほぼ確定。どんな走りを見せるか注目したい。

 もう1頭のシンボリクリスエス産駒、サンライズソア(牡4歳/栗東・河内洋厩舎)も注目の存在だ。重賞は今年の地方交流GIII名古屋大賞典(名古屋・ダート1900m)、GIII平安S(京都・ダート1900m)の2勝で、前走のJBCクラシックは逃げてケイティブレイブから0秒3差の3着に入っている。

 中京コースは初めてとなるが、今回、同馬の他にはこれといった逃げ馬がおらず、展開利が見込めそうなのはプラス材料だ。

 サンライズソアは、GIIスワンS(京都・芝1400m)をはじめ重賞で3勝したビハインドザマスクが祖母という血統。芝で瞬発力を武器にしていた祖母の孫がサンライズソアのようなダート馬というのは意外かもしれないが、シンボリクリスエス産駒はルヴァンスレーヴも祖先に芝重賞勝ち馬がいるし、サクセスブロッケンも母サクセスビューティはGIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)の勝ち馬。芝向きの母系との組み合わせでダートの活躍馬が出ているのだ。

 以上のように、今年のチャンピオンズCはシンボリクリスエス産駒の2頭に注目したい。