2018.11.24

ジャパンCでアーモンドアイに
ひと泡吹かせるのは、やっぱり4歳馬

 強敵になるとすれば、今年の中距離戦線を席巻している4歳世代でしょう。その筆頭格は、レイデオロがいなければ、やはりスワーヴリチャード(牡4歳)になりますかね。

 前走の天皇賞・秋では1番人気に推されながら、スタートで痛恨の出遅れ、直後にマカヒキとぶつかって、いきなり最後方の位置取りとなってしまいました。その結果、流れにもリズムにも乗れず、何もしないままレースが終わってしまった印象です。不運に不運が重なった典型ですね。

 ある意味で、ここはリベンジの場。レイデオロの2着となったダービーと同じ舞台ですし、昨秋には、1ハロン距離が長いものの、同じコースで行なわれたGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を圧勝しています。舞台設定は申し分ないゆえ、巻き返しがあってもおかしくないと思います。

「打倒アーモンドアイ」が期待されるキセキ 昨年の菊花賞馬キセキ(牡4歳)も注目している1頭です。

 その菊花賞は、まさしく極悪馬場。しかも、長丁場の3000m戦ですから、相当タフなレースだったと思います。

 しかしその後、休むことなく、暮れに香港遠征を敢行しました。今春の復帰してからの不振は、その強行軍の影響があったのではないでしょうか。

 それから夏を越して、秋の復帰戦となったGII毎日王冠(3着。10月7日/東京・芝1800m)では、久しぶりにキセキらしい走りを見せてくれました。続く前走の天皇賞・秋でも見せ場十分の3着と好走。まだ良化の余地を残していましたし、休み明け3戦目となる今回は、一段とよくなっているかもしれません。

 脚質的に、前で競馬ができるようになったのも好感が持てます。アーモンドアイに一太刀浴びせられるとしたら、やはり前をいく馬。今のキセキなら、その可能性はあると思います。

 今年のジャパンCでは、このキセキを「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭>>

◆わずか2頭も、今年のジャパンCに挑む外国馬を侮ってはいけない>>