2018.11.20

ジャパンCの行方を左右する、
サトノダイヤモンドの「復活」は本物か

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 とはいえ、である。一方でこんな話もある。

「池江厩舎ではいろいろな身体的な要素を数値化して、(管理馬の)状態面を把握するようにしているのですが、サトノダイヤモンドが勝てなかった頃は、この数値がなかなか上がってこなかったそうです。でも、京都大賞典の前は(数値が)上昇ぶりを示していて、それが結果につながりました。

 つまり、サトノダイヤモンドがよくなっていることは間違いないんです。あとは、それがピークに達するのが、ジャパンCなのか、そのあとなのか、ということだと思います」(専門紙記者)

 また、ジャパンCでは「マジックマン」こと、ジョアン・モレイラ騎手が鞍上を務める。「日本人騎手なら掲示板がいっぱいのところを、モレイラ騎手は馬券圏内に持ってくる」と評される、名手がもたらすプラスアルファーは計り知れない。

 はたしてサトノダイヤモンドは、その名のとおりの”輝き”をジャパンCで取り戻すことができるのか。最後に研きをかけるのは、ファンの熱い声援かもしれない。