2018.10.06

アエロリットが目標になる毎日王冠。
逆転候補は決め手ある「3歳馬」


決め手あるステルヴィオ。毎日王冠で復活なるか 皐月賞(4着。4月15日/中山・芝2000m)、ダービー(8着。5月27日/東京・芝2400m)と見せ場なく敗れているため、人気は落ちそうですが、侮れない存在です。そこで、この馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 そもそも、個人的には「マイラー色が濃いな」と思っていた馬。皐月賞は不向きな展開ということもあって力を出し切れず、ダービーは明らかに距離が問題だったのではないでしょうか。そんな負け方だったような気がしています。

 ちょうど1年前のサウジアラビアRC、続くGIの朝日杯フューチュリティSと、世代屈指の存在であるダノンプレミアムには及びませんでしたが、接戦の2着争いをその強烈な決め手で制しています。

 また、今春の復帰戦となったスプリングS(1着。3月18日/中山・芝1800m)では、のちの皐月賞馬エポカドーロをゴール前できっちりとらえました。それこそ、まさに”マイラー”の決め手だったと感じています。

 この秋初戦、今回の東京・芝1800mというコース形態は、この馬が復活する場としては絶好の舞台と言えるのではないでしょうか。鞍上も引き続きクリストフ・ルメール騎手が務めるようですし、期待していいと思いますよ。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆毎日王冠でGI馬は消し。穴党記者が陣営の熱気を察知した3頭が怖い>>

◆藤沢厩舎から大物再び。誰もが乗り味を絶賛するシークレットアイズ>>