2018.08.25

名手ぞろいのキーンランドC。
晩夏を彩るベテランの一撃に期待大


条件合うデアレガーロにも勝機は十分ある条件合うデアレガーロにも勝機は十分ある  さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、昨年は前述のナックビーナスの手綱を取っていた横山典弘騎手が騎乗するデアレガーロ(牝4歳)を取り上げたいと思います。

 この馬の前走の鞍上は、モレイラ騎手。なんと、今回はふたりがスイッチしたような格好です。こうなったのはさまざまな理由があると思うのですが、どんな理由があれ、横山典騎手の立場なら、ここは力が入るでしょうね。

 しかも、デアレガーロはチャンスを秘めた存在です。洋芝適性があり、短距離適性も高いです。あとは、乗り方ひとつ。

 前走のUHB賞(4着。8月5日/札幌・芝1200m)では、4コーナーで不利があって、もったいない競馬でした。ああいう敗戦をしたあと、乗り替わりで騎乗する横山典騎手は、よく好結果を出している気がします。まるで「俺にやらせてみな」といった雰囲気を感じさせます。

 まさしくここは、そうしたムードが充満しています。モレイラ騎手で勝てなかった馬を勝たせることができれば、彼の評価はさらに上がることでしょう。そういう意味でも注目ですし、どういったレースぶりを披露してくれるのか、期待が膨らみます。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆キーンランドCは2タイプの穴馬「3歳・洋芝適性」が夏の最後を彩る>>

◆2億8000万円のサトノソロモンは「短所がないのが、最大の長所」>>