2018.07.29

姉アーモンドアイが大活躍。
妹ユナカイトの評判がさらに上がっている

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara


アーモンドアイに続く活躍が期待されるユナカイトアーモンドアイに続く活躍が期待されるユナカイト  8月5日の2歳新馬(新潟・芝1400m)でデビュー予定の同馬。その成長過程を間近で見てきたスタッフはどんな評価をしているのか。育成を行なったノーザンファーム空港牧場(北海道)の中川晃征氏は、春の取材でこう話していた。

「(ユナカイトは)いい馬ですね。決してアーモンドアイが活躍したから言うのではなく、姉がまだ活躍する前、育成を始めた時点からいい馬だと思っていました。体つきやフットワークからダートも走れると思いますが、スピードがあるので、やはり芝がよさそうですね」

 なお、アーモンドアイの父はロードカナロアだったが、こちらはヨハネスブルグに変わった。その違いについては、中川氏はこんな感想を口にした。

「ヨハネスブルグの産駒は仕上がりの早いタイプが多く、この馬も完成度が高いですね。距離適性については、1200mから1600mあたりがいいのではないでしょうか。この馬が、ヨハネスブルグの代表産駒になればいいですね」

 ヨハネスブルグは、日本ではまだGI馬を出していないが、ユナカイトが初めてのGI馬となるのか、自然と期待は高まる。

 姉のアーモンドアイが二冠馬となって、俄然注目度が増したユナカイト。デビュー戦から姉を彷彿とさせる走りを見せてくれるのか。ファンならずとも、見逃せないレースといえそうだ。

◆牝馬優勢もあえて牡馬。アイビスSDは格下レッドラウダが下克上する>>

◆アイビスSDは舞台適性を重視。相性バッチリの3頭が主役の座を狙う>>