2018.06.30

ラジオNIKKEI賞はこの
「恵ハンデ4頭」が楽々すぎてズルイっす

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

「実は、過去10年の結果を見ても、なかなか逃げ切りが決まらないレースなんですよ。ですから、人気どころで言えば、デビュー前から陣営の期待が高いフィエールマン(牡3歳)のほうが信頼は置けるのではないでしょうか」

 そのフィエールマンについては、デイリー馬三郎の木村拓人記者も評価する。

「ゲート難がありますし、レースぶりも荒々しく、どちらかといえば、福島向きとは言えないタイプ。ただ、モノが違う可能性も否定できないんですよね」

 とはいえ、両記者が推奨する穴馬は他にいる。

 木南記者は、「前走、平場の500万条件を勝って、ハンデ53kgに設定された2頭に魅力を感じる」という。

ラジオNIKKEI賞に挑むキューグレーダー「1頭は、キューグレーダー(牡3歳)です。ノーザンファームの生産馬で、馬主がシルクレーシング。前走は1400m戦で素晴らしい反応を見せましたが、未勝利戦を勝ったのは1800m戦ですから、距離面での不安はありません。大跳びで、馬体の迫力も十分です。

 鞍上は、田辺裕信騎手。東京開催では目立った成績を残せませんでしたが、地元・福島に戻っての、彼の手綱さばきが楽しみです。