2018.06.29

CBC賞は、この低迷馬3頭が
「今年もそろそろ走るか」と言っている

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 過去の歴史を見て、次に目につくのは「重賞勝ち馬の復活」である。

 昨年のアクティブミノルとセカンドテーブルの他、冒頭でも触れたプレミアムボックスもそうだ。プレミアムボックスは、前年のGIIIオーシャンS(中山・芝1200m)の勝ち馬だった。

 これらに共通しているのは、重賞やオープン特別を勝って以降、長きにわたって勝ち星から遠ざかっていたこと。特にプレミアムボックスとアクティブミノルは、重賞勝ちのあと、馬券圏内(3着以内)に絡むことさえなかった。それが、CBC賞で突然の復活を果たしたのだ。

 今年のメンバーの中で、これらと同様に重賞を勝ってから長く低迷している馬を探してみると、1頭見つかった。トーキングドラム(牡8歳)である。同馬は、昨年のGIII阪急杯(阪神・芝1400m)を勝って以降、ずっと上位入線を果たせずにいる。この馬が今回復活すれば、かなりの高配当が見込めるだろう。

 ただ、トーキングドラムは、プレミアムボックスやアクティブミノルに比べて、やや負けすぎといった感がある。重賞勝ち以降、掲示板に載ることさえなく、前走のオープン特別でも勝ち馬から1秒2も離されての大差負けだった。

 プレミアムボックスやアクティブミノルは低迷していたとはいえ、掲示板に載ることはあった。直近のレースでも、勝ち馬から1秒以内の着差に収まっていたことを考えると、トーキングドラムの復活はさすがに厳しいかもしれない。