2018.06.21

宝塚記念。夏の旅行でビジネスクラスに
乗せてくれる優しい4頭がいる

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 そして、今年も鳴尾記念を勝って、ここに挑む馬がいる。ストロングタイタン(牡5歳)である。過去のデータからして、この馬を狙わない手はない。

宝塚記念と好相性のステップレース、鳴尾記念を勝ってきたストロングタイタン 昨年までは、オープン特別で2着に入るのが精一杯だったストロングタイタン。だが、年明けからの5カ月の休養が奏功したのだろう。復帰初戦となった2走前のオープン特別こそ9着に敗れたものの、ひと叩きされての鳴尾記念では好位から最内を抜け出して重賞初制覇を飾った。

 しかも、勝ちタイムは1分57秒2のレコード。従来の記録をコンマ4秒も更新し、今や伸び盛りにある。

 今回は初のGI戦。同馬より実績で勝るメンバーが集結する。さらに過去と同様、メンバーが手薄な鳴尾記念からの参戦ゆえ、その評価は高くないが、鳴尾記念組が好走を繰り返してきた歴史を踏まえれば、上位争いに加わる可能性は十分にある。

 最後にピックアップしたいのは、勢いに乗る好調馬だ。宝塚記念では近走で結果を出している上がり馬が、実績馬を退けて好走するシーンが目立っている。

 例えば、2008年に5番人気で逃げ切り勝ちを収めたエイシンデピュティは、年明けにGIII京都金杯(京都・芝1600m)を勝つと、続くGIII東京新聞杯(東京・芝1600m)では7着に敗れたものの、その後は当時GIIだった大阪杯で2着、GII金鯱賞(中京・芝2000m)で1着と波に乗っていた。