2018.06.16

函館スプリントSは「前年比で
人気急落」のあの馬がオーッと言わせる

 鞍上は、引き続き三浦皇成騎手。連続騎乗できることは大きなプラスだと思いますし、函館・芝1200mは、三浦騎手が初めて重賞を勝った舞台。さらに、一昨年にも重賞を勝っている相性のいい舞台ですから、ますます楽しみは膨らみます。

 賞金加算の実績が少ないため、斤量も有利に映ります。人気どおりの、好レースをしてくれるのではないでしょうか。

GI馬セイウンコウセイの巻き返しはあるか ライバルは……どの馬も一長一短あって、なかなか候補を絞るのは難しいですね。そのなかでも気になるのは、出走馬の中で唯一のGI馬であるセイウンコウセイ(牡5歳)です。

 直前に高松宮記念を制し、GI馬として迎えた1年前のこのレースでは、人気を裏切って4着。それ以降、何か歯車がかみ合わないレースが続いているように思えます。

 それでも、年明けのシルクロードS(2着。1月28日/京都・芝1200m)から、やや持ち直してきた雰囲気があります。6着と完敗した高松宮記念でも、昨秋のスプリンターズS(11着。中山・芝1200m)では見せ場すらなかったのが、一瞬「オッ」と思わせるところがありましたからね。

 前走の京王杯スプリングC(5月12日/東京・芝1400m)は、12着。条件が合わないレースでしたから、その結果も仕方がないでしょう。

 今回はチークピーシーズを着用するそうです。今度は「オッ」と思ったところから、もうひと押しが効く可能性があります。

 人気は急落するでしょうが、面白い存在だと思いますよ。ということで、今回の「ヒモ穴馬」には、このセイウンコウセイを指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆万馬券100%の函館スプリントS。この4頭で月収レベルは稼ごうか>>

◆ミディオーサは動きがピカイチ。「気性難」に悩む姉よりも期待できる>>