2018.05.27

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。
サートゥルナーリアは、すごい評判!

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 彼女が3番目に生んだエピファネイア(牡/父シンボリクリスエス)は、GI菊花賞(京都・芝3000m)とGIジャパンカップ(東京・芝2400m)で栄冠を獲得。6番仔となるリオンディーズ(牡/父キングカメハメハ)は、デビュー2戦目でGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)制覇という快勝を遂げた。

 シーザリオは繁殖牝馬としても、すでに伝説に残るような成果を挙げているのである。

 その偉大なる母の仔として今年、結果を残した兄たちと同様の活躍が見込まれているのが、サートゥルナーリアである。

 父は昨年、新種牡馬として産駒がデビューしたロードカナロア。いきなり同産駒のアーモンドアイ(牝3歳)が牝馬二冠(桜花賞、オークス)を達成するなど、1年目から目覚ましい活躍を見せている。

 まさしく新進気鋭の種牡馬と、名牝とのマッチング。デビュー前から大きな注目を集めるのも無理はないだろう。

 デビュー前の育成が行なわれたノーザンファーム早来(北海道)でも、この若駒は際立った存在感を示し、将来性を感じさせていたという。同スタッフの林宏樹氏が語る。

「やはり身体能力が高いですね。軽く走ってもいいタイムが出ますし、この馬自身はマイペースで走っている感触でも、隣で併走する馬は一生懸命なんです。独特のオーラも感じますよ」