2018.05.26

元ダービージョッキーは言う。
あの「評価ガタ落ちの1頭」は侮れない

 皐月賞では、前述のキタノコマンドールやグレイルに伸び負けて、差し返す面も見られずに7着と惨敗。馬場の影響があったとしても、確かに内容は悪すぎます。

 とはいえ、今回はコースが変わるため、見直せるところもあるのではないでしょうか。

 この馬は、スピードに乗るのに時間がかかるようなので、中山のように最終コーナーがきつく、しかも直線が短く、そのうえ急坂があるコースでは、スピードに乗れず、力を出し切れないのも仕方がないと思います。

 それが今回は一転して、コーナーが緩く、直線が長い東京コース。坂はあるものの、中山ほど急坂ではないため、スムーズに加速してスピードに乗っていけるのではないでしょうか。

 鞍上は、福永祐一騎手。ここまでに挙げたダノンプレミアム(川田将雅騎手)、ブラストワンピース(池添謙一騎手)、グレイル(岩田康誠騎手)、そしてキタノコマンドール(デムーロ騎手)に騎乗するジョッキーと違って、まだ日本ダービーでの勝利はありません。

 しかし2着は2回ありますし、上位人気馬(3番人気以内)での騎乗も5回もあります。ダービーを勝つだけの経験は、もう十分に積んできたと思います。

 逆に"勝っていない"という反骨心を糧にして、会心の騎乗ができれば、チャンスはあると見ています。劇的な一発を期待したいですね。

◆人気の2頭いらん! 「異常なダービー」を勝てる4頭を穴党記者が叫ぶ>>

◆どひゃ〜、安藤勝己はあの馬を切った。ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>

◆大西直宏・騎手の視点『日本ダービー』
動画はこちら>>

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。