2018.05.19

オークスは、本命アーモンドアイと
未対戦で「侮れない馬」が1頭いる

 ともあれ、どちらにしても、アーモンドアイを逆転できるか? と言えば、疑問です。それほど、アーモンドアイのレースぶりは衝撃的でした。

 もしも......があるなら、やはり未対戦組。フローラS(4月22日/東京・芝2000m)を勝ったサトノワルキューレは、その資格があるでしょう。

 フローラSのレースぶりは、まるでアーモンドアイとの"仮想・脚比べ"にも思えました。おそらく鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、サトノワルキューレがどれだけの脚が使えるのか、測ったのではないでしょうか。そう、出走権利を取る前から、本番の"打倒・アーモンドアイ"を想定して競馬をしていた――そんなふうに見えました。

 結果は最良だったと思います。距離に関しても、実績があってまったく心配はいりません。状態さえ保っていれば、好勝負になると思います。

 そこでカギになるのは、本番まで詰まったローテーションになること、さらにその間に2度の関東圏への輸送を行なうこと。それらをうまくクリアできるかどうかが、ポイントになるでしょう。

 ここまでに挙げた4頭はかなり強力だと思うのですが、もう1頭気になる存在がいます。フラワーC(3月17日/中山・芝1800m)を勝ったカンタービレです。1月の未勝利戦を勝利したあと、フラワーC、そしてオークスへというローテーションに、陣営の勝負度合いの高さを感じます。

フラワーCを勝ったあと、直接オークスに向かってきたカンタービレ 通常、1月の未勝利戦を勝った場合、もしオークスを目指すなら、自己条件を使ってからトライアル、そして本番というのが、陣営の青写真になると思います。

 しかし、この馬は勝ったあと、じっくりと間隔を開けて、しかもいきなり重賞に挑戦。たぶん、この時点で2着以内に入って賞金を加算できる自信があったのでしょう。そしてその思惑どおり、見事に勝利して、今度は使える桜花賞をパスしてここに挑んできました。

 まるで最初から計算されていたような道筋。早くから、このオークスが目標だったように思えてなりません。

 今回、田辺裕信騎手が初の鞍上を務めますが、どうやら最終追い切りに騎乗するために、栗東まで出向いたようですね。これで、"完全な"テン乗りではなくなりました。

 この行動も、それだけの手応えを感じているからでしょう。これまでの実績からして、それほど人気にはならないと思いますが、意外と侮れない存在だと思いますよ。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆横山ルリカのオークス予想はマジ本気。本命はまさかの「別路線組」だ>>

◆オークスは中波乱だ。5~6番人気の馬券に「当たり」と書いてある>>