2018.05.16

オールフォーラヴは、オークスで
「打倒アーモンドアイ」をなせる器か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 この敗戦で賞金を加算できず、クラシックに向けては厳しい状況を強いられた。オークス出走を目指すうえで、条件戦、トライアルと連戦するのは負担が大きい。あるいは、トライアルの一発勝負にかけるのも、相当なリスクがあったからだ。

 しかしオールフォーラヴは、オープン特別の忘れな草賞に出走すると、一発回答。4コーナー手前から外目を回って進出し、直線半ばで抜け出すと、追いすがるリュヌルージュをハナ差振り切って快勝した。

 骨のあるメンバーを相手にして、まさに”横綱相撲”でのレースぶりは光っていた。さらにその後、ここで負かしたランドネがスイートピーSを勝ったことで、オールフォーラヴの強さが一層際立つことになった。

 この結果、オークス出走がほぼ確定。加えて、ゆとりを持って本番を迎えられるようになったことは、同馬にとって何より大きかった。

「デビューからレースごとに8kgずつ馬体重を減らして、陣営からも『カイ食いは……』と不安視する声が出ていましたからね。馬体維持は同馬の課題だったことは間違いありません。そうした状況にあって、本番まである程度間隔が開いたレースを勝って出走を決められて、陣営もホッとしたのではないでしょうか」(吉田記者)

 しかも、忘れな草賞後の調整は、そうした馬体面での心配が杞憂に終わるほど、順調に進んでいるそうだ。吉田記者がその様子を伝える。