2018.05.15

序列が激変、あの馬は急浮上。
オークス直前の「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO


 2位は、桜花賞でついに土がついたラッキーライラック。はたして、オークスでの巻き返しはあるのだろうか。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「トレセンでは、桜花賞の戦前から『取りこぼすなら、桜花賞。距離が延びるオークスは大丈夫』という声が大きかったんです。実際、桜花賞は敗戦。ただ、同レースではオークスを見据えた仕上げだったようにも見えました。ならば、オークスでの巻き返しは十分に考えられます。

 チューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)、桜花賞と、積極的な競馬をしたことで、やや力む面があるかもしれませんが、デビューからコンビを組む鞍上に期待しています」

土屋真光氏(フリーライター)
「桜花賞は、いかにも"優等生"な競馬で、アーモンドアイの切れ味に屈してしまいました。『優等生な競馬』=『完璧な競馬』と見れば、逆転は難しいところでしょうが、この馬の父はオルフェーヴル。優等生の殻を脱ぎ捨てたとき、もうひとつ上のギアが出せるはずです。オークスでは、あえて大味な競馬をしてもらいたいですね」