2018.05.10

ヴィクトリアマイルは、クロフネと
ハーツクライ産駒でほぼ間違いなし

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Yamane Eiichi /AFLO

 実力ではこのメンバー最上位と見る人も多いであろうソウルスターリング(牝4歳/藤沢和雄厩舎)はどうだろう。芝1600mは4戦してGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神)、GIIIチューリップ賞(阪神)の2勝と悪くないように見えるが、圧倒的1番人気のGI桜花賞で3着と敗れ、前走のGII阪神牝馬S(4月7日/芝1600m)も10着と大敗を喫している。昨年のオークスを勝ち、1800mで2勝しているように、本質は中距離馬とも思われる。

 血統的データを見ても、父フランケルのそのまた父ガリレオ直系の東京・芝1600m戦の成績は6戦0勝3着1回というもの。この父系の適距離は1800~2000mというデータが出ており、推しづらい存在と言える。

 以上、5頭を取り上げてみたが、血統データ的に推したいのはクロフネ産駒とハーツクライ産駒。特にアエロリットとリスグラシューの2頭だ。リスグラシューはこれまで、阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞2着、GI秋華賞2着と、GIでは惜敗が続いており、悲願を達成したいところだ。

◆蛯名騎手は「手が合う」ゴーフォザサミットで、ついに頂上に行けるか>>

◆オークスで凱歌を。カンタービレが、打倒アーモンドアイに燃えている>>