2018.04.29

オークスで凱歌を。カンタービレが、
打倒アーモンドアイに燃えている

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

「カンタービレは420~430kg台と体の小さい馬で、レース後に馬体が減ってしまう面があるそうです。そのため、使い詰めで桜花賞に行くよりも、間隔を開けてオークスに向かったほうがいい、と判断したみたいです。

 厩舎にいると体が減るタイプで、今回もフラワーCのあとは短期放牧に出してリフレッシュ。状態はさらによくなっているようですよ」

 馬体重維持の難しさは、牝馬ならではの課題とも言える。しかしそこは、オークス2勝の実績を持つ角居厩舎の腕の見せどころ。成長一途のカンタービレは、決戦の舞台で凱歌を高らかにあげることができるのか、注目である。

◆天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力>>

◆強豪不在の天皇賞・春。「これならオレにも...」とヤル気の4頭で稼ぐ>>