2018.04.26

キタサンいなけりゃオレの出番。
天皇賞・春はシュヴァルグランが主役だ

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Nakahara Yoshifumi/AFLO

 もう1頭挙げるとすれば、アルバート牡7歳/堀宣行厩舎)だ。同馬はこれまでGIIステイヤーズS(中山・芝3600m)を3連覇し、GIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)も勝って3000m以上の重賞4勝という現役屈指のステイヤー。

 天皇賞・春では一昨年6着、昨年5着と馬券には絡めていないが、0秒5差、0秒8差と大きくは負けておらず、今年のメンバーなら十分勝負になるだろう。

 父アドマイヤドンはGI朝日杯フューチュリティS(中山・芝1600m)の勝ち馬で、ダートGIも6勝という万能タイプ。種牡馬としては本馬の他にもGII日経賞(中山・芝2500m)など重賞2勝を挙げ、昨年の天皇賞・春4着に入ったアドマイヤデウスなどを出している。母の父ダンスインザダークは1996年の菊花賞馬で、父としても2006年豪GIメルボルンC(芝3200m)を勝ったデルタブルースなどを出すステイヤー種牡馬だ。長距離戦は経験がものを言うケースも多く、今年こそ3度目の正直といきたいところだ。

◆大物オブセッションは「広いコースが好き」。ダービーで真価を発揮か>>

◆安藤勝己は「あの馬」を切った。ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>