2018.04.09

ダノン皐月賞回避で異状あり!
激変する最新「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

土屋真光氏(フリーライター)
「少しでも"粗(あら)"を見つけようと思った弥生賞で、圧巻のワンサイド勝ち。多少のコースロスなど気にせず、他馬との接触や、馬場の悪いところを通ってリズムを崩すようなリスクを徹底的に避けて、あの競馬、あの強さですからね。能力だけで言えば、現状では『抜けすぎている』と言っていいでしょう。

 日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)に対しては、距離適性において不安が囁かれていますが、同馬の好位から抜け出す"優等生"的な競馬は、"紛れ"の多い皐月賞より、むしろダービーのほうが向いていると思います。皐月賞に出ていれば、二冠もあったのではないでしょうか」

 2位は、前回まで1位だったワグネリアン。弥生賞でダノンプレミアムに敗れてポイントを落としたものの、依然として他の馬たちよりも高い評価を得ている。

市丸氏
「弥生賞のワグネリアンは、およそ3カ月半ぶりの実戦でした。その分、やや気負っている面が見られましたが、勝ったダノンプレミアムが最後は抑えているのに対して、こちらは目いっぱい。しかも、レースが決着した頃に追い込んでのギリギリ2着。現時点では、明らかに差がありました。

 それでも、ダノンプレミアムが回避した今、皐月賞で浮上する可能性が出てきました。一度使われたことによる上積みもあるでしょうし、弥生賞でも最速の上がりタイムをマークした強烈な瞬発力が生きる展開になれば、チャンスはあります」

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「末脚勝負のため、展開の助けが必要になりますが、弥生賞でも2着を確保。不発に終わらなかった、その堅実な決め手は魅力です」

本誌競馬班
「弥生賞は2着敗戦も、鞍上の福永祐一騎手が本番の前に脚を計った印象があります。展開次第では巻き返しもあると見ています」