2018.04.08

「天敵」が消えた! 皐月賞V候補に
浮上したステルヴィオに不安は?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 事実、スプリングSでも最後にやっとエンジンがかかって、ギリギリでエポカドーロをとらえることができました。ここのところ、後方の位置取りのレースが続いているのも、それが理由みたいですね。

 中山の2000mはコーナーが4つで、直線も短いですよね。しかも多頭数での競馬になりますから、陣営が不安視するのもわかります。もちろん、その不安をカバーする乗り方も考えているでしょうし、この中間でどこまで課題を修正できるかが、戴冠へのポイントになるのではないでしょうか」

"天敵"ダノンプレミアムはいなくなったが、クラシックの舞台となれば、ハイレベルなメンバーが集う。その中で、いかに自らの弱点をカバーし、最高のパフォーマンスを見せるかが、勝利へのカギとなる。

 大本命馬がいなくなり、やや拍子抜けした感のある皐月賞。ステルヴィオには、そのもやもやムードを打破するような、豪快な走りを見せてくれることを期待したい。

◆きたらスゴイぞ! 桜花賞の超大穴に、あの「暴れん坊ムスメ」が浮上>>

◆桜花賞1強は危険なサイン。「女王にクーデターを企む3頭」に要注意>>

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>