2018.04.07

きたらスゴイぞ! 桜花賞の超大穴に、
あの「暴れん坊ムスメ」が浮上


前走、落馬で競走中止となったアマルフィコーストが桜花賞で波乱を起こす!? 逆転の可能性を秘めているという点において、個人的に魅力を感じているのは、アマルフィコーストです。

 昨秋のファンタジーS(11月3日/京都・芝1400m)は1番人気に推されたものの、3着と敗戦。その後、予定していた阪神JFは回避して、今年の始動戦となったフィリーズレビュー(3月11日/阪神・芝1400m)では、なんとスタート直後に落馬して競走中止に。

 順風満帆のラッキーライラックと比べると、天と地ほどの差がありますが、単純に運がなかっただけで、能力自体の差はそこまでないと思っています。

 なにしろ、新馬戦と2戦目の中京2歳S(7月22日/中京・芝1600m)の内容に目を引くものがありました。この時点ではこの馬が「クラシック有力候補なのでは」と思っていましたからね。

 やや気性が激しいのか、ファンタジーSのときにはパドックでも結構うるさい面を見せていました。それがレースに影響したのか、スタートは抜群だったにもかかわらず、かかるのを嫌がって抑えているうちに、位置取りがどんどん悪くなってしまいました。

 もし、好位で普通に折り合っていれば、楽に抜け出して完勝していたかもしれません。そんなシーンを想像できるだけのポテンシャルは備えているはずです。

 未知の部分が多いため、おそらくまったく人気はないでしょう。しかし、それだけに面白い存在とも言えます。今年の桜花賞の「ヒモ穴馬」には、このアマルフィコーストを指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆桜花賞1強は危険なサイン。「女王にクーデターを企む3頭」に要注意>>

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>

◆ラッキーライラック対アーモンドアイ。桜花賞バトルはどちらが勝つか>>