2018.04.04

ラッキーライラック対アーモンドアイ。
桜花賞バトルはどちらが勝つか

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki photo by Yamane Eiichi /AFLO

 血統は父が香港スプリント連覇を含む1200~1600mのGIを6勝したロードカナロアで、現3歳が初年度産駒。本馬の他にステルヴィオがGIIスプリングS(中山・芝1800m)を勝利している。母フサイチパンドラはGIエリザベス女王杯勝ち馬で、父も母もJRA GI馬という、ラッキーライラックに劣らぬ良血馬である。

 さて、この2頭のどちらに軍配が上がるのだろうか。筆者はやはり、レース内容が安定しており、三冠を獲っても不思議ない実力馬と見ているラッキーライラックを上に見たい。良馬場で、レース中に大きな不利がなければ、高い確率で勝利を飾りそうだ。アーモンドアイは久々の実戦という点と、スタートダッシュがつかず後方の位置取りになりそうなだけに、展開に左右されるタイプというのが気になるところ。とはいえ、ラッキーライラックがハイペースに巻き込まれるなど厳しい展開になって、後方のアーモンドアイ向きの流れになれば、逆転もあるだろう。どんな桜花賞になるか楽しみだ。

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>

◆絶対女王を追う、2番手以下は大モメだ。最新「3歳牝馬ランキング」>>