2018.04.02

絶対女王を追う、2番手以下は大モメだ。
最新「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 前回は、リリーノーブルと同ポイントで2位タイだったアーモンドアイ(父ロードカナロア)が、今回はわずかに1ポイント減らして3位。牡馬相手のGIIIシンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)での勝利は圧巻だったが、そこから直行で桜花賞に向かう”変則ローテーション”が嫌われたのだろうか。

吉田氏
「有力馬を多く抱えるノーザンファームの使い分けはありますが、血統や走法、気性を踏まえれば、オークスより桜花賞が最大目標になるのは必然のこと。NHKマイルCも視野に入れている可能性があるとはいえ、一番欲しいタイトルに向けて、3カ月ぶりで挑むのは相当な自信がないとできない芸当です。

 牝馬ゆえ、長距離輸送の問題や気性面を余計に考慮し、その結果がこの異例とも言えるローテーションになったと思いますが、この点については前向きに捉えていいはず。それまでのレースも間隔を開けて結果を出していますし、なおさらです。

 時計が速くなっても、対応できるスピードと切れもあります。ただ、ペースが速くても前が止まらない現象は起こりうるため、出遅れて、後手、後手に立ち回るようなことになれば、届かないシーンが出てくるかもしれません」

本誌競馬班
「ダイワスカーレット、ジェンティルドンナなど、シンザン記念で好走した牝馬は”名牝”となる可能性大。『打倒・ラッキーライラック』の一番手と見ています」

 4位は、チューリップ賞2着のマウレア。今年3戦目で、どこまで上積みが見込めるかがポイントになる。

土屋氏
「賞金を加算しておきたかったクイーンCで、まさかの5着と取りこぼしたのは大きな誤算。チューリップ賞で2着に入り、きっちり桜花賞の出走権を得て、賞金加算も実現できましたが、この時期に馬体を10kg近く減らしての好走は、決して印象はよくありません。

 とはいえ、全姉アユサン以上のポテンシャルを感じるだけに、このまま終わるとも考えたくはありません。桜花賞にはそのまま栗東に滞在して臨みますが、ここでの好走というよりは、ダメージを最小限に抑えてオークスにつなげてほしい、というのが正直なところ」