2018.03.17

今年だけ荒れる阪神大賞典。
穴党記者の4頭でトクトク馬券の組み合わせ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

「不良馬場の菊花賞は動けず、有馬記念は力負け。陣営も公言しているように、体つきも華奢(きゃしゃ)。古馬になってじわじわと力をつけていくタイプで、完成途上の段階でチャレンジCを制したのは素質の高さでしょう。有馬記念のあと、この3カ月の間でどこまで成長しているのか見ものです。

 ハーツクライ産駒ながら、時計勝負にも対応できるのは心強い限り。有力馬よりも、1、2kg軽い斤量55kgで出走できるのもプラス。得意の阪神で、時計の速い決着になれば、芝3000m戦でも好勝負に持ち込めるのではないでしょうか」

 吉田記者はもう1頭、一昨年の菊花賞2着馬レインボーライン(牡5歳)の名前を挙げた。

「サトノダイヤモンドが勝利した菊花賞の2着馬で、馬場不問で走れるタイプ。後方からいく脚質のため、流れに左右される部分はありますが、上がり勝負になりやすい阪神・芝3000mという舞台設定は向いていると思います。道中は、有力馬のクリンチャーやアルバートを見る形で運べるのもプラスに働きそう。

 一昨年のGII札幌記念(3着。札幌・芝2000m)、昨年のGI天皇賞・秋(3着。東京・芝2000m)など、間隔を空けたときのパフォーマンスのよさは見逃せません。タフな天皇賞・秋の激走から、疲れが残ったその後の2走を度外視すれば、クリンチャーやアルバートと比べても遜色ない実力馬。こちらは、乗り慣れた岩田康誠騎手が手綱を取るのも、大きなアドバンテージになると思います」

 レインボーラインについては、松田記者も同意する。

「レインボーラインは決して瞬発力型ではありませんが、最後までじわじわと脚を伸ばしてきます。勝負根性のある馬で、距離、馬場状態を問わず、相手なりに走れるのが最大の持ち味。軽視は禁物です」