2018.03.10

フィリーズレビュー「本番より
ココ狙いの3頭」を穴党記者があぶり出す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 木村記者は、ロードカナロア産駒のアルモニカを推奨する。

「アルモニカは3カ月ぶりの前走、500万特別の春菜賞(2月3日/東京・芝1400m)で2勝目を挙げました。同レースで、2着ミュージアムヒルをしっかり完封した点は高く評価できます。

 というのも、ミュージアムヒルは5戦1勝ですが、2着が4回あって、前々走の赤松賞(東京・芝1600m)ではチューリップ賞2着のマウレアと同タイムの2着でした。乱暴な比較になりますが、そのミュージアムヒルを4分の3馬身差退けたアルモニカは、マウレアにも勝ったようなもの。とすれば、ここでは伏兵の一角以上の存在と言えます。人気が落ちるようなら狙いたいですね。

 前々走のGIIIファンタジーS(11月3日/京都・芝1400m)は、出遅れを挽回するために道中脚を使って7着。敗因は明快です。また、ロードカナロア産駒は、京都よりも最後に底力が必要になる阪神のほうが向くと思います」

 堅く収まった”王道”のチューリップ賞とは違って、一筋縄とはいかない雰囲気が充満しているフィリーズレビュー。競馬ファンを騒然とさせる”春の嵐”を起こす馬が、おそらくこの3頭の中にいる。

◆シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや>>

◆アンコールプリュは次元の違う末脚だ。桜花賞へ、新たなスター登場か>>

■競馬 記事一覧>>