2018.02.18

歴史的な「名牝」濃厚。女王
ラッキーライラックがどんどん大きくなる

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 このレースでも、後続との着差は4分の3馬身差とわずかだった。それでも、好ポジションから確実に抜け出してくる競馬には危うさがなく、その大人びた走りからは無類の強さがひしひしと伝わってきた。

 実際、同馬を管理するスタッフからも、その安定した走りには感嘆の声が上がっているという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ラッキーライラックの最大の強みとして、『とにかくレースぶりに無駄がない』とスタッフは話しています。実は、デビュー前までは決して評価の高い馬ではなかったようです。しかし初戦の内容を見て、スタッフも『これはモノが違う』と感じたとのこと。それで、すかさず重賞挑戦を決めたようですね。実戦で力を発揮するタイプと言えます」

 レースのうまさに加え、この馬の長所となるのが「馬体の大きさ」だ。牝馬は比較的体重の軽い馬が多い。まだ幼い時期だとその変動が激しく、馬体維持に結構な労力を割かれる。そのため、満足にトレーニングを積めないケースがよくある。

 しかし、ラッキーライラックは前走が484kgと、牝馬としては雄大。400kg前後の軽量馬に比べて、苦労なく調整を進めることができた。

 陣営によると、その馬体はさらに大きくなっているという。先述のトラックマンが明かす。

「阪神JF後に休養に入って、そこで510kgほどにまで大きくなったようです。馬体の減りを心配する必要がなく、スタッフによれば『脚もとの不安もない』とのこと。『春にはさらに成長した姿を見せられるよう、貪欲に鍛えていく』と話しています。現に帰厩後、さっそく厳しい調教を課しています」