2018.02.18

歴史的な「名牝」濃厚。女王
ラッキーライラックがどんどん大きくなる

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2018年クラシック候補たち
第3回:ラッキーライラック

 今年の3歳クラシック戦線において、”主役”として注目されている面々のキーワードは「3戦3勝」だ。

 牡馬路線では、ダノンプレミアム(牡3歳)とワグネリアン(牡3歳)の2頭が、デビューから3戦全勝という結果を残して、クラシックの有力候補に挙げられている。

 一方、牝馬路線でも無傷の3連勝を飾って、世代の先陣を切る注目馬がいる。

 栗東トレセン(滋賀県)の松永幹夫厩舎に所属するラッキーライラック(牝3歳/父オルフェーヴル)である。

阪神JFを制して「2歳女王」に輝いたラッキーライラック 8月の新潟で初陣を迎えた彼女は、2歳新馬(8月20日/新潟・芝1600m)を快勝。好位から抜け出す磐石のレースぶりでデビュー戦を飾った。

 それからおよそ2カ月の休養を挟んで、2戦目にはGIIIアルテミスS(10月28日/東京・芝1600m)に挑戦。2番人気に推されると、ここでも先行策から逃げたサヤカチャンをきっちり捉えて連勝を決めた。着差は4分の3馬身差と大きくなかったものの、安定したレース運びは際立っていた。

 3戦目は、2歳女王を決めるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)に挑んだ。道中は先行集団の後ろ、外目の8番手を追走。4角を迎えて徐々に進出を始めると、最後は上がり33秒7の末脚を繰り出して、ゴール板を1位で通過した。

 直線では、リリーノーブル(牝3歳)、マウレア(牝3歳)といったライバルとの熾烈な争いを展開。白熱した叩き合いを制しての戴冠は、まさに「女王」と呼ぶにふさわしいものだった。