2018.02.16

フェブラリーSこそ「大物穴馬」の出番。
この3頭が勝つ気マンマンだ

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 春の「ダート王」を決めるフェブラリーS(東京・ダート1600m)が2月18日に行なわれる。

 ここ10年は、1番人気が4勝、2番人気が2勝と、有力馬が人気どおりの結果を残している、比較的手堅いレースと言える。ただ、荒れる要素も多分に含んでいる。

 2014年には、16頭中最低人気だったコパノリッキーが大金星を挙げた。2万7210円という単勝配当は、JRAのGIレース歴代2番目となる高配当となった。3連単も、2着に2番人気ホッコータルマエ、3着に1番人気ベルシャザールが入りながら、94万9120円という激アツな配当をつけた。

 その他にも、7番人気のテスタマッタが勝利した2012年や、6番人気のサクセスブロッケンが制した2009年など、しばしば番狂わせが起こっている。

 ならば、今回も過去10年の結果を参考にして、波乱を呼ぶ伏兵馬を探してみたい。

 まずピックアップしたいのが、実績豊富な古豪の8歳馬である。

 2008年に7番人気で2着に奮闘したブルーコンコルドと、2013年に9番人気で2着に食い込んだエスポワールシチーと、過去に2度、穴を空けている。

 さらに、その2頭には年齢以外にも共通点があった。いずれもフェブラリーSには過去3度出走していて、その中には好走例もあるということだ。

 ブルーコンコルドは、初めて出走した2004年が5着、2度目の2006年が4着、そして3度目の2007年には2着と結果を残している。

 片や、エスポワールシチーも、2009年に初めて出走して4着、2度目の2010年には見事に勝利を飾った。そして、3度目の2012年は5着だった。