2018.02.09

京都記念は、人気GI馬ではなく
「5番人気の牝馬」に資金を突っ込め

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 2月11日に行なわれるGII京都記念(京都・芝2200m)。例年同様、あるいはそれ以上に、今年は好メンバーがそろった。

 だが、ひと筋縄ではいかない可能性も十分に考えられる。

 というのも、1番人気が濃厚な昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳)は、これまですべてのレースで手綱を取ってきたクリストフ・ルメール騎手が騎乗停止。急遽、ダリオ・バルジュー騎手に乗り替わりとなった。

 さらに、同馬も含めて、ほとんどの有力馬が休み明け。そうした状況を踏まえると、たとえ10頭という少頭数の争いであっても、伏兵馬の台頭を期待したくなる。

 実際、過去の京都記念を振り返ってみても、番狂わせがしばしば起こっている。過去10年でも断然の人気馬が馬群に沈んで、5~6番人気の馬が勝利したことが4度もある。

 2014年、当時GI5勝を挙げていて単勝1.6倍という圧倒的な支持を得ていたジェンティルドンナが6着に屈する一方で、6番人気のデスペラードが勝ったのは、そのいい例だ。他にも、昨年のマカヒキ(3着)や、2015年のハープスター(5着)ら、単勝1倍台の人気を得ていた馬が思わぬ敗戦を喫している。

 そこで今回も、過去10年の結果を参考にして、今年の「穴馬」候補を探してみたい。

 まず興味深いのが、5番人気の牝馬の好走だ。

 そもそも牝馬の健闘が目立つレースで、過去10年で馬券圏内(3着以内)に絡んだことが4度もあるのだが、そのうち、2011年2着のメイショウベルーガ、2017年2着のスマートレイアーが5番人気だった。