2018.02.08

2強に待った! エライことになってきた
3歳牡馬「最新ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO


 上位2頭は前回のランキングと同じ顔ぶれとなった。今回、両者のポイント差は一気に縮まったものの、GIII東京スポーツ杯2歳S(11月18日/東京・芝1800m)で圧巻の強さを見せたワグネリアン(牡3歳/父ディープインパクト)が首位の座を何とかキープした。この春は、GII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)から始動する予定だ。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「正直なところ、オープン特別の野路菊S(9月16日/阪神・芝1800m)と東スポ杯2歳Sで負かした相手のその後の成績が微妙で、ワグネリアンに対する評価もやや難しくなってきた感があります。とはいえ、この馬自身の勝ちっぷり、そして鞍上の同馬に対する期待度から、クラシックを狙える位置にいることは間違いないと思っています」

土屋真光氏(フリーライター)
「ヘンリーバローズ(牡3歳/父ディープインパクト)を相手に勝った新馬戦が最もタフなレースでした。以降は相手が楽になったかのように、余裕たっぷりの勝ち方を続けています。2歳時の消耗を避けて、しっかりと充電して春に臨むという臨戦過程もいいですね。

 ダノンプレミアムがGIIIサウジアラビアロイヤルC(10月7日/東京・芝1600m)で記録した1分33秒0という勝ち時計にも驚かされましたが、東スポ杯2歳Sでワグネリアンがマークした1分46秒6というタイムも、イスラボニータ、コディーノに次ぐ好時計。秋の降雨の影響で、良馬場といってもボコボコの馬場だったことを考えれば、なおさら価値のある数字と言えます」

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「無傷の3連勝。レースごとに格が上がっている中で、2着馬との着差が広がっているのは立派です。この馬自身、相当進化しているのかもしれません。距離を詰めることになる朝日杯FSを回避して、2歳馬にとってはかなりの負担となる関東への連続長距離輸送も嫌ってホープフルSも見送り。その決断には好感が持てます。この辺りは、ダービーの勝ち方を知っているオーナーと調教師だからこその強みでしょう」