2018.02.05

3年目の藤田菜七子ジョッキーが
好調なので、理由を聞きにいってみた

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  photo by Sportiva

藤田菜七子インタビュー2018 前編

 早くもデビュー3年目を迎えた藤田菜七子騎手。中央競馬唯一の女性騎手という立場に変わりはないが、2年目の2017年は14勝(中央競馬のみを対象)を挙げて、女性騎手としての中央競馬の年間最多勝記録を更新し、デビューイヤーとは異なる存在感を示し始めた。2018年も幸先よく1週目から勝利を挙げて好調をアピール。3年目の藤田騎手の視線の先には何が見えているのか。

2018年、好スタートを切った藤田菜七子ジョッキー――年明け1週目にして今年の初勝利おめでとうございます。

「ひとつ早めに勝てたことは気持ちの面ですごく楽になりますね。昨年が1勝目まで少し時間がかかってしまい(2月25日)、焦らないようにとは思いながらも、気持ちの余裕がなくなっていたので。1年をいい形で始められそうです」

――それも騎乗していた馬が、昨年最後に勝った馬と同じビックリシタナモーで、しかも1着同着でした。

「毎レース、終(しま)いの脚は確実に使ってくれる馬ですし、最後まで頑張ってくれる馬なので、もうそこは馬のおかげです」

――さらに、同じ日にはさっそく重賞(フェアリーS)にも騎乗。しかも、欽ちゃんこと萩本欽一さんの馬のジョブックコメンでした。

「最初お話をいただいたときはすごくびっくりしました。こうした機会を作ってくださった、小檜山(悟)調教師とオーナーの萩本欽一さんには感謝しています」