2018.02.04

全姉アユサンに続け。桜花賞の
姉妹Vを狙うマウレアは姉より強い体質

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 こうなると今春の大一番に向けて、希望が膨らむマウレア。姉のアユサンと比較しても、プラス面があるようだ。それについて、トラックマンが明かす。

「アユサンは体質が弱く、3歳春になっても使いたいレースを使えないケースがありました。対してマウレアは、『弱い部分がなく、調教をビシビシやってもへこたれない』とのこと。姉のときの苦労がある分、現時点で不安材料がないことは、相当大きいみたいですよ」

 前走後、休養に入ったマウレアは、来週のGIIIクイーンC(2月12日/東京・芝1600m)で復帰予定。そこをステップにして、姉に続く桜花賞制覇を狙う。

 姉妹による”桜”の戴冠はあるのか。姉と違って、おそらく人気の一角として大舞台に臨むマウレアの走りに注目である。

◆東京新聞杯は、「穴馬の方程式」にカッチリはまる3頭が猛威をふるう>>

◆今の京都はディープ産駒に難。きさらぎ賞は「ジワ伸び2頭」が大正解>>

■競馬記事一覧>>