2018.02.04

全姉アユサンに続け。桜花賞の
姉妹Vを狙うマウレアは姉より強い体質

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 マウレアを管理する手塚厩舎は、かつて姉の桜花賞馬アユサンも管理していた。そのスタッフたちは、マウレアについてどんな印象を持っているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「アユサンのあと、牝馬、牡馬、牡馬と3頭の妹や弟がデビューしましたが、いずれも際立った成績を残すことはできませんでした。そのため、マウレアに対しても陣営は当初半信半疑だったようです。

 調教をこなしても、ウッドチップコース(木片や木屑を敷き詰めた調教用のコース)では『速い時計が出なかった』とのこと。ただ、乗り味やフットワークはよくて、『芝コースの実戦で変わり身を見せてくれれば……』と思っていたそうですよ」

 最初は陣営の期待も決して高くなかったというマウレア。しかし、スタッフたちの微(かす)かな願いに見事応えて、レースでは調教以上の走りを見せて結果を出した。先述のトラックマンが語る。

「実際に芝のレースで変わってくれて、とりわけ初戦、2戦目と馬群から抜け出す勝負根性を見せてくれたことを、スタッフは高く評価していました」

 さらに阪神JFで、陣営は改めて同馬の能力の高さを再確認したという。トラックマンが続ける。

「阪神JFでは、直線入り口の進路取りで手間取る部分がありました。それもあって、陣営からは『スムーズなら、2着はあったのでは』という声が聞かれましたね」