2018.01.26

稼げるシルクロードS、絶好調の
穴党記者が「お宝配当の5頭」を叫ぶ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 今春のGIシーズンの幕開けを告げる「春のスプリント王決定戦」、GI高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)がおよそ2カ月後に控えている。その大一番を見据えた一戦、GIIIシルクロードS(京都・芝1200m)が1月28日に行なわれる。

 昨年は、ここで2着したセイウンコウセイ(牡5歳)が高松宮記念を制覇。本番との関連性が高く、今後を占う意味で重要な一戦となる。

 ただ、馬券検討においては、一筋縄ではいかないレースだ。過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気は2勝、2着1回と馬券圏内に3回しか絡んでいない。そのうえ、1番人気が絡んだ3回にしても、3連単はいずれも高配当をつけている。

 先週の東海Sで3着に入ったモルトベーネ(6番人気)を推奨してくれた中日スポーツの大野英樹記者も、シルクロードSは「今年も波乱になる」と見込んでいる。

「2番人気が4連勝後、昨年は3番人気のダンスディレクターが連覇を収めており、人気馬がそこそこの成績を残していますが、2012年にあのロードカナロアが勝って以降、1番人気は5連敗中。さらに、現在の短距離路線における混戦ムードを象徴するように、ここでも確かな軸馬は存在しません。

 だいたい、3歳以来の芝レースに挑むニシケンモノノフ(牡7歳)が、セイウンコウセイ(58kg)に次ぐハンデ(57.5kg)を背負っている状況。穴党としては、見過ごすわけにはいかないレースです」

 そう語る大野記者が今回推すのは、背負い慣れたハンデ56kgで臨むキングハート(牡5歳)だ。

「キングハートは関東馬でありながら、京都・芝レースは5戦2勝、2着1回、3着1回、着外1回という”淀巧者”。前走のオパールS(2017年10月8日/京都・芝1200m)はマイナス12kgという大幅な馬体減で8着に沈みましたが、その後は立て直して、順調に乗り込まれていると聞いています。