2018.01.13

メンバー手薄な京成杯。ならば
大物感ある1勝馬デルタバローズの出番

 さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、デルタバローズ(牡3歳)を取り上げたいと思います。まだキャリア1戦ですが、そのデビュー戦の走りから、かなりの素質を感じることができました。

新馬戦を快勝し、すかさず重賞に挑むデルタバローズ その初陣は、昨年10月の新馬戦(10月21日/東京・芝1600m)でした。その時期は雨が続いていて、この一戦も重馬場で行なわれました。

 緩い馬場でのレースというのは、キックバック(蹴り返し)が多く、脚を滑らせて気を使う場面も多々あります。初めてのレースとなる新馬にとっては、非常にタフな競馬を強いられます。

 そうした状況の中、デルタバローズは好スタートから先手を取って、道中はキックバックを受けない外目の2番手を追走。直線でも外目から早めに先頭に立ち、比較的楽な競馬で勝つことができました。それが実現できたのも、能力の高さと操縦性のよさがあるからでしょう。

 今回の京成杯では、新馬戦よりも距離が2ハロン延びるうえ、トリッキーな中山コースへの対応と、課題はたくさんあります。それでも、すべての課題を一発でクリアしてしまいそうな、不思議な雰囲気を同馬からは感じます。

 血統的な面や馬格などからはマイラーに見えるものの、そういう枠には収まらない大物感を漂わせているのです。非常に楽しみな1頭と言えます。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆日経新春杯は、初夢みたいな穴馬3等が今度こそ「お年玉」を運んでくる>>

■競馬 記事一覧>>