2017.12.24

武豊騎手も好感触。2億円超えの高額馬、
カザンに早くも大噴火の予感

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 武豊騎手はもちろんのこと、池江厩舎も今やクラシックの常連。デビューは1月と遅くなったが、無論、目指すは来春のその舞台である。

 現に、陣営からはそこを意識した言葉が出ているという。先述のトラックマンが続ける。

「(カザンは)胴がゆったりしていて、首の長い体型。さらに走る際の跳びも大きく、陣営のスタッフからは『クラシックの距離が合いそう』との話が聞かれました。調教も順調で好仕上がり。新馬戦からいい勝負ができるのではないでしょうか」

 年明け早々にデビューを迎えるカザン。騎手やスタッフからも歯切れのいいコメントが聞かれるのは好材料だ。はたして、2億3500万円で取引されたエリートは初陣でどんな走りを見せてくれるのか、必見である。

◆これはすごい状況だ! 今年は逸材ぞろいの2歳牡馬ランキング>>

■競馬 記事一覧>>