2017.12.22

有馬記念に波乱あり。3頭の
「サンタ穴馬」から超万馬券のプレゼント

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 続いて取り上げるのは、前述の2007年に大金星を挙げたマツリダゴッホ。同馬は無類の中山巧者だった。実際、重賞勝ちがあるのは中山のみで、6勝も挙げている。

 ただ、有馬記念を制する前は、GIでの好走歴がなかった。いくら中山を得意とするからといって、一線級相手には通用しないと見られていた。その評価を、マツリダゴッホは見事に覆(くつがえ)した。

 ということは、この舞台はそれだけコース適性が問われるということ。その点で今年面白いのは、サクラアンプルール(牡6歳)である。

 GII札幌記念(8月20日/札幌・芝2000m)で初の重賞制覇を飾った遅咲きだが、実はこの馬もかなりの"中山巧者"かもしれないのだ。

 これまで全6勝のうち、3勝が中山で挙げたもの。今年のGII中山記念(2月26日/中山・芝1800m)ではGI馬が多数出走する中、8番人気で2着と穴を開けている。

 そのレースぶりから、中山であればトップクラスとも対等に戦えると見ていい。鞍上も、マツリダゴッホの激走をサポートした蛯名正義騎手。一発の可能性は十分にある。

 最後に、ここ10年の有馬記念を振り返ると、ある"一族"がたびたび波乱を起こしていることがわかる。

 その一族とは、母トゥザヴィクトリーの子供たちだ。