2017.12.10

リバティハイツは国際派のキンカメ産駒。
三度目の正直でついにデビュー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

 デビューを前にしてリバティハイツの状態はよさそうだが、実はここにたどり着くまでには紆余曲折があったようだ。先述のトラックマンがその詳細を明かす。

「この夏に一度、入厩してレースを使うところまで来ていたのですが、直前の動きが今ひとつだったそうです。結果、夏のデビューは諦め、放牧に出す判断が下されました。その後、9月にも再入厩するのですが、そこでも物足りない動きを見せて、再び放牧に出されてしまいました。しかし今回は、『初めて順調にきた』とスタッフも明るい表情を見せています。デビューを焦らず、じっくり育ててきたことがプラスに働いたのではないでしょうか」

 ここに来るまで2度もデビューが白紙になったリバティハイツ。逆に言えば、今回は陣営がその動きに満足し、デビューにふさわしい状態だと踏んでのことだろう。それだけ、仕上がり面に抜かりはなさそうだ。

 国際色豊かな血統の持ち主は、見事初陣を飾ることができるのか。近い将来、世界にその名をとどろかせるような、圧巻の走りを見せてくれることを期待したい。

◆荒れる阪神JFは「気まぐれ少女の穴馬3頭」が臨時ボーナス支給だ>>

◆いきなり緊急事態発生! 波乱含みの「2歳牝馬ランキング」は?>>

■競馬 記事一覧>>