2017.12.03

見た目も、性格も「怪物」にそっくり。
やんちゃ娘シエラに膨らむ期待

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第28回:シエラ

 12月に入り、2歳戦も佳境を迎えている。格上げとなったホープフルSを含め、GI戦も3つ行なわれ、いよいよ来年のクラシックに向けた”主役”の存在が浮き彫りになってくる。

 とはいえ、これからデビューする馬たちも、まだ十分にクラシックの有力候補になる可能性を秘めている。実際に、直近に初陣を控えた中にも、高いポテンシャルを持っていそうな2歳馬がいる。

 その1頭が、栗東トレセン(滋賀県)の須貝尚介厩舎に所属するシエラ(牝2歳/父オルフェーヴル)だ。

「怪物」オルフェーヴル似のシエラ 父は、今年から産駒がデビューしているオルフェーヴル。現役時代に三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を含めてGI6勝を飾り、世界最高峰のレースとされるGI凱旋門賞(フランス・芝2400m)でも2年連続で2着となった希代の名馬である。すでに2頭の重賞勝ち馬を出しており、種牡馬としても魅力を感じさせる存在だ。

 そして、母も現役時代に名をはせたゴールデンドックエー。アメリカの重賞戦線で奮闘し、GIラスヴァージネスS(アメリカ・オールウェザー1600m)を制覇。他にも、GIやGIIで2着になるなど、輝かしい結果を残している。