2017.11.19

堀厩舎では「あり得ないくらい」絶賛。
大器ブレステイキングは本物か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「ヘリファルテは体質が弱くてデビューが遅くなりましたが、ブレステイキングは『今のところ(体質も)しっかりしており、2歳馬としてはかなりの完成度』と、スタッフのトーンは高かったですね。実際、堀厩舎としては珍しく、デビュー前から(ブレステイキングには)長い距離の追い切りを課しています。体質に不安がないからこそのメニューでしょう。今のところ、特に注文はないようです」

 ブレステイキングへの期待は高まるばかり。デビュー戦となる2歳新馬(東京・芝1800m)では、世界的名手のライアン・ムーア騎手が手綱をとる。

 陣営が惚れ込む素質馬は、名手を背にしてどんなパフォーマンスを見せるのか。現役屈指の一流馬がしのぎを削るジャパンカップの興奮を前にして、衝撃的な走りを見せてくれることを期待したい。

■競馬 記事一覧>>