2017.11.19

堀厩舎では「あり得ないくらい」絶賛。
大器ブレステイキングは本物か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 2戦目は、ダービートライアルとなるオープン特別のプリンシパルS(東京・芝2000m)に果敢に挑戦した。しかし、経験豊富なメンバーがそろうここでは、さすがにキャリア不足に泣いて8着。それでも、この挑戦自体が陣営の同馬への期待の大きさを表すものだった。

 現にプリンシパルS以降は、その期待に応えるように500万下、1000万下と2連勝。近い将来、重賞戦線にも乗っていきそうな雰囲気を漂わせている。

 こうした母の実績、兄の勢いから、ブレステイキングの注目度は日に日に高まっているが、デビュー直前の同馬について、スタッフたちはどういった感触を得ているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「スタッフに感触を聞いてみると、ブレステイキングは相当走りそうですよ。素質馬が集まる堀厩舎の中でも(その資質は)抜けていいようで、かなり高い評価を受けています。スタッフからは『クラシックに乗せたい』という言葉がすぐに聞かれましたから」

 堀厩舎と言えば、今や日本を代表するトップ厩舎のひとつ。そのスタッフがここまで絶賛するのは「あり得ない」と先述したトラックマンは話す。

 なお、兄ヘリファルテも堀厩舎の管理馬。兄は体質面がネックだったが、弟にはその部分についての不安もなく、ここでもスタッフから賛辞が並んだ。再びトラックマンが語る。