2017.11.16

マイルCSに「空前の穴馬が4頭いる!」
穴党記者が絶叫する馬名は?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 一方、先述のように「3歳馬狙いが面白い」と話す豊島記者は、同じ3歳でも、サングレーザー(牡3歳)とレーヌミノル(牝3歳)を推奨する。

「サングレーザーは、以前は折り合い面に難しさを抱えていましたが、それを克服し、今ではしっかりと末脚を使えるようになっています。前走のスワンS(10月28日/京都・芝1400m)でも、厳しい位置から差し切って重賞初V。混戦を勝ち切るだけの根性も秀でています。走りを見る限り、決して道悪がいいというわけでもなさそうで、良馬場なら一気に頂点に立つ可能性も十分にあります。

 レーヌミノルも『牝馬三冠』を戦い終えて、ようやくこれからは適距離への出走が可能となります。馬体と走法から、やはりマイル以下の距離がベストと見ます。こちらは晴雨兼用で、天気は不問。距離短縮で一発があっても驚きません」

 混迷深まる戦国状態のマイル戦線。群雄割拠の中から抜きん出て、天下統一を果たすのはどの馬か。注目のゲートインまで、まもなくである。

■競馬 記事一覧>>