2017.10.14

マジっすか。秋華賞で穴党記者から
「驚きの伏兵馬5頭」が飛び出した

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

「確かに体質の弱さから、常にレース間隔を取って使われています。でもその分、今回も"休み明け"というのはまったく気になりません。むしろ、注目すべきはこの馬のポテンシャル。斤量に恵まれたとはいえ、6月の東京開催で、それも古馬牡馬混合の1000万条件で、さらに芝1800m戦を勝てるような3歳牝馬はそうそういませんよ。

 スタートが遅いので、(秋華賞でも)道中は後方から追走することになると思いますが、手綱を取るのが、同じような脚質のミッキークイーンでこのレースを勝っている浜中俊騎手ですから、そこはうまく乗ってくるでしょう。

 リカビトスの他では、紫苑S(9月9日/中山・芝2000m)で2着に粘ったカリビアンゴールド(父ステイゴールド)やレーヌミノルあたりが、今回は人気を落としそうで狙い目となります」

 リカビトスについては、関東馬でありながら、関西の太田記者も注目している。

「(リカビトスは)思った以上に下馬評が低いんですよね。だから、余計に気になります。ここまで3戦3勝、すべて最速の上がりをマークしました。前走、2着馬との着差は半馬身でしたが、4コーナーから早々に手綱をしごかれて、直線では2度ほど左へもたれる場面がありながら、差し切り勝ち。着差以上の内容だったと思います。

 そして、秋華賞の最近5年の連対馬は、10頭中9頭が4コーナーでは5番手以下の位置にいました。つまり、内回りの2000mという舞台でありながら差しが届くレースで、リカビトス向きと言えます。今回は相手強化に加えて、関西圏への長距離輸送など課題は多いですが、戦績を見ても休み明けは苦にしないようですし、一発があってもおかしくないと思います」