2017.10.06

毎日王冠のマカヒキ。復活か、
それともダービーで燃え尽きていたのか

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

 ライバルたちと比べても、完成度が高かったというマカヒキ。それでも、成長の余地は残していて、実際に秋を迎えても成長曲線は上向きにあった。フランス遠征初戦のGIIニエル賞(シャンティイ・芝2400m)では楽勝した。

 ここまではよかったが、凱旋門賞での惨敗から歯車が狂ってしまったようだ。吉田記者が再び語る。

「前哨戦のニエル賞は勝ちましたが、本番では大惨敗に終わってしまいました。それまでは、負けても最後は一番脚を使っていたことから、走ることへのコンプレックスは生まれなかったのですが、こうした馬が惨敗すると、その結果から馬の精神面が崩壊してもおかしくありません。

 そこから立ち直るには、勝利で自信を取り戻すしかないのです。が、復帰初戦の京都記念ではまったく伸び切れず、失望に包まれての3着。トモが少しこじんまりと映って完調手前だったとはいえ、最後はフワッとしていて闘争心を発揮できていませんでした。あれは、凱旋門賞ショックを払拭できていないことを意味していたと思います。また、ダービーと同じ体重だったということは、(トモ以外の)他の部分に緩さがあったことの証拠です。

 ひと叩きされた大阪杯では(馬体は)全体的にボリュームが出て、上積みを感じさせるシルエットでしたが、結果的には勝ち負けできるポジションで競馬ができず、見せ場も作れないまま4着に敗れました。とはいえ、前々の決着で勝ち馬からコンマ4秒差。ここまで詰め寄った末脚には多少の希望が見えたと思います」