2017.09.30

凱旋門賞の「世界が見落とした穴馬」を
フランス女性記者がささやいた

  • 土屋真光●文・写真 text by Tsuchiya Masamitsu  photo by PanoramiC/AFLO

 そう話すのはイギリスを中心に活動する競馬ジャーナリスト、ティム・キャロル記者だ。母国だけでなく、ドバイやオーストラリアなどでもテレビで解説を行なっている。

「ここ数戦で勝った相手がイキートスやホークビルなど、いい馬ばかり。フォワ賞のサトノダイヤモンドにも、馬場適性や仕上がり途上だったとはいえ、あれだけの差をつけた。つまりは、チンギスシークレットはブックメーカーのオッズほど人気上位馬に見劣りはしていない、と思うんだ。

 シャンティイで一度結果を出したことも大きいし、渋りそうな馬場もこの馬に大きく味方するんじゃないかな」

 期せずして、2人続けてドイツ調教馬の名前が挙がったが、最後に”穴馬”という意味合いでは意外な名前を挙げるのが、イギリスの老舗競馬メディアである『レーシングポスト』のパリ駐在を務めるスコット・バートン記者だ。

「今年は4頭の争いだと思います。エネイブルはもちろん、ユリシーズ、ブラムト、そしてここにサトノダイヤモンドが加わります」

 なぜ、あえて不安点が多く、ブックメーカーの評価も徐々に下がっているサトノダイヤモンドなのだろうか。

「確かにフォワ賞では正直失望したところもありました。しかし、あれが彼の本来の走りではないことは、日本のファンもご存知でしょう?」

 バートン氏はさらに、追い切りの動きの印象も付け加えた。