2017.09.23

神戸新聞杯は、横山典騎手があやつる
マイスタイルが馬券のスパイス

 横山典騎手は、おそらく本番ではNHKマイルCを制して、休み明けのクイーンSも快勝したアエロリットに騎乗するでしょう。カワキタエンカの陣営としては、残念で仕方がないのではないでしょうか。それほど「お見事!」という騎乗でした。

 セントライト記念では、2番人気ミッキースワローの手綱を取って差し切り勝ち。ローズSとは違った内容で、こちらも「お見事!」と言うしかない好騎乗でした。1番人気アルアインのすぐ後ろの内側にうまくつけて、直線に入ると、まるで測っていたかのような仕掛けから、前を難なく捉えていきました。抜け出してからさらに伸びたところは、鞍上もびっくりしたのではないでしょうか。

 まさにベテランならではの、円熟味あるレースぶり。今週も期待が増すばかりです。

 手綱を取るマイスタイルについては、初騎乗となった弥生賞(3月5日/中山・芝2000m)のときも、この馬のよさを引き出して2着と結果を出しました。ダービーでも4着に粘らせる好騎乗を見せましたが、そこから成長していれば、今回はダービー以上のパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

 相手は強力ですが、鞍上の経験と技術、それらに裏打ちされた手腕によって、再びマイスタイルの大激走を引き起こしてほしいと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>