2017.09.23

穴党記者も苦悶のメンツ。
オールカマーは「超人気薄2頭」で運だめし

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「勝ち切れない面のある馬で、条件馬生活が長く続いていましたが、カチッとはまれば前走のようにあっさり勝てるだけの力があります。同じようなタイプだったグランシルクが先々週のGIII京成杯オータムハンデ(中山・芝1600m)を勝ちました。ブラックバゴの母父は、グランシルクの父でもあるステイゴールド。中山での適性もありますし、そういった共通点からもここで一気に台頭してくる可能性はありますよ」

 東京中日スポーツの若原隆宏記者も、同じくブラックバゴを推す。こちらは紙面でも「結構前から本命で、と考えていた馬」とかなり強気だ。

「(ブラックバゴは)もともと3歳時にはクラシックでも上位を争えるレベルにあったにもかかわらず、その後に体調の乱れなどがあって、それを取り戻すのに時間がかかってしまった。ゆえに今回、『準オープンを勝ったばかりの馬』という扱いですが、ここに向けての調整過程はまったくケチをつけようがありません。状態もよく、バカにしたもんじゃないですよ。

 2200mという距離も問題ありません。上位陣を脅かす存在としては、状態も成績も上向きにあるこの馬、と思っています。できることなら、このまま人気にならないで当日を迎えてほしいです」

 一方、松田記者は、よりコース適性を重視した穴馬をセレクトする。

「昨年の3着馬ツクバアズマオー(牡6歳)を推します。今年の中山金杯(1月5日/中山・芝2000m)を含めて、全7勝中5勝が当地の2000m~2200mという舞台。現役屈指のコース巧者です。