2017.08.14

怪物オルフェ産駒の超期待馬、
シンハラージャは「スピードが出すぎ」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 なお、馬体については、伊藤氏はこんなコメントを残している。

「実際に馬を見ると、(馬体重ほど)小さく見えないんですよね。パーツはすごくしっかりしていて、お腹もどっしりしています。写真だと大きく見えるくらいで、細いといった印象はまったくありません。気性はオンオフがはっきりしていて、その辺りからは父の雰囲気を感じます」

 軽量であっても、シンハラージャはそれだけ体のつくりがしっかりしているのだろう。

 考えてみれば、オルフェーヴルも450kg~460kg台でレースに出ることが多く、牡馬としては決して大きなタイプではなかった。それでも、見た目の迫力は相当なものだった。シンハラージャもそうした雰囲気をかもし出しているとなれば、実戦でも父と同じように圧巻のパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。

 秋以降のデビューを見据えてじっくりと調整されているシンハラージャ。注目の新種牡馬が送り出す"超良血"の動向は、今後もつぶさにチェックしていきたい。

■競馬 記事一覧>>