2017.08.12

関屋記念で浮上する穴馬3頭。
キーワードは「巻き返し、3歳、頭打ち」

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 まず、このレースに挑む馬たちの臨戦過程を見てみると、7月下旬のGIII中京記念(中京・芝1600m)から向かってくる馬が多い。同じ左回りのマイル重賞ということもあり、今年も4頭の馬がそこから転戦してくる。

 そして当然ながら、中京記念で好走した馬たちが関屋記念でも上位人気となる。

 ただし、過去の傾向を見てみると、中京記念で上位入線を果たした馬が連続してこの舞台でも好走するケースは意外と少ない。むしろ、中京記念で人気を背負いながら凡走した馬が"巻き返す"という形のほうが目立っている。

 例えば、2012年に5番人気で2着となったエーシンリターンズは、前走の中京記念では4番人気ながら14着と惨敗。2014年の1着クラレント(4番人気)や、同3着のサトノギャラント(6番人気)も、中京記念では前者が2番人気で8着、後者が3番人気で7着と、人気を裏切って馬群に沈んでいた。

 また、関屋記念で人気落ちすることはなかったが、2015年の勝ち馬レッドアリオン(2番人気)も、中京記念では2番人気で8着という結果に終わっていた。

 ならば、今年も中京記念で人気に応えられなかった馬の巻き返しに期待したい。最も魅力を感じるのは、ダノンリバティ(牡5歳)だ。

中京記念からの巻き返しが期待されるダノンリバティ中京記念からの巻き返しが期待されるダノンリバティ